お葬式というものは誰もがイメージするのは、人が亡くなってから行われる儀式です。

終活で葬式の準備をしておこう
終活で葬式の準備をしておこう

生前葬と呼ばれるタイプのお葬式について

終活で葬式の準備をしておこう
お葬式というものは誰もがイメージするのは、人が亡くなってから行われる儀式です。ですが最近では生前葬と呼ばれるお葬式が行われることがあります。その名の通り、まだ人が亡くなっていない人に対して、お葬式を行う事になります。あまりピンと来ないかもしれませんが、宗教などにこだわりの無い人などが自分自身が生きている間に、自分のお葬式を上げたいと考える人が行います。自分のお葬式に出てみたいという希望や、お葬式自体を自分自身で取り仕切りたいという思いから生前葬をする人がいます。その為、喪主なども自分のお葬式に対して自分で行うことも多いです。

生前葬を行った人は、実際に亡くなってから一般的なお葬式を挙げることも少ないです。生前葬を希望する人は、生きている人に感謝の気持ちを伝えたいという思いも強いようです。ですが、生前葬はもちろんまだ誰も亡くなっていない状態で行われるお葬式です。親族はもちろん生前葬への連絡をする友人や知人にも理解を得る必要があります。自分が生きているうちにお葬式を上げたいという気持ちも分かりますが、まだ亡くなってもいないのにお葬式なんて縁起が悪いと考える人もとても多いです。その為、まだまだ一般的には浸透していないお葬式のタイプになります。

お薦めサイト